救急法講習会 ひこまる

下関市彦島江の浦町にある児童館「ひこまる」で救急法講習会を受けてきました。

内容は心肺蘇生法、AEDの使い方、子供がモノをのどに詰まらせた時の対処法でした。


昔は心臓マッサージと言っていたものが、今は心肺蘇生法と言うそうです。
私もテレビなどでは見たことはあるのですが実際どうしたらいいかわかりません。
万が一、急に誰かが倒れた場合、何をしていいかわからず、おろおろするだけになるのは嫌ですし、また私にも幼い男の子がおり、実際に体験をしておきたかったため今回、参加しました。

総務省消防庁の救命措置の手順に詳しい手順が書いてあります。

 手順に関しては総務省消防庁の手順を見てもらえばいいのですが、胸骨圧迫をする際に骨の上を押すことになるため、すごく怖い思いがありました。ましてや、乳児の場合、強く押すことはかなりの勇気がいります。しかし、今回、消防署の方に聞いて、弱く押しても効き目はないことがわかりました。また、胸の骨が折れたりするのではという心配は若い人の場合はほとんどないとのことを聞き、安心しました。このことを聞いているだけでも実際にそういう場面に遭遇した場合、だいぶ落ち着いてできるのではないかと思います。

 またAEDは、設置をしてあるのはよく見かけるのですが、使い方がわからなかったので、今回、使い方を習い、使ってみたので、万が一の時もあわてず対処ができると思います。初めて知ったことですが、完全に心臓が止まった方にはAEDを使っても意味がないそうです。その場合は胸骨圧迫を続けることが必要だそうです。心室細動を起こしている人に対してはAEDが有効だということがわかりました。
 しかし、我々、素人ではそんなことはわからないので、とにかくAEDを使ってみて、必要かどうかはAEDが判断してくれるということでした。

 万が一の場面に遭わないにこしたことはありませんが、今回、この講習を受けたことで、そのようなことが目の前で起こっても慌てずに対処できるのではないかと思います。




 




正木眞喜男税理士事務所のホームページはこちらから

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ
スポンサーサイト



中小企業は顧客満足を求めるな!

 先日、大阪で㈱ブレインマークスの安東 邦彦さんによる「社長が3ヶ月不在でも成長する会社のつくり方」というセミナーを受けてきました。
 
 きっかけは所長がFAXを持ってきて「これに参加しなさい」のようなことを言われての参加でした。
私はマイケル E.ガーバーも安東 邦彦という人物も全く知りませんでした。なのでFAXを見たときの私の印象は、またいいことばかり書いたセミナーの案内が来た、くらいにしか思っていませんでした。社長が3ヶ月不在でも成長する会社は、社長の仕事を変わりにできる人財がいればいいじゃないのと正直思いました。

 セミナーに出席してみて、意外にも参加者の人数が多いことに驚きました。私の中ではせいぜいこんなセミナーには10人も参加すればいいほうだろうなと思っていたからです。多くの方が、安東さんのコラムや本などを読まれてから参加されていました。 

 セミナーの最初に安東さんからどうやったらできると思いますか?との質問がありました。みなさんの答えは、NO.2の人材を作る、しっかりとした経営理念を作るなどありきたりの答えでした。
 
 安東さんからどういう答えが返ってくるのかと期待をしましたが、「みなさんの考えていることでほぼ正解です。」と言われました。少しがっかりしましたが、その後が違いました。
 
 みなさんはわかっているのですが出来ないんです!!なので、どうすればできるのかを今からのセミナーで学びましょう。マイケル E.ガーバーの教えを学ぶことでできるようになります。

 「売上が伸びない」、「よい人財が見つからない」などの問題をいつまでも解決できないままでいる中小企業の経営者の方は多いのではないでしょうか。そして色々な経営に関する本を読んだりしてさらに深みにはまっているのではないでしょうか。もっと資金に余裕があれば、広告や宣伝をし、自社の商品をアピールでき、売上は上がるなどと考えてはいないでしょうか。
 
 このセミナーの中では多くの気づきがありました。中でも、「中小企業はCS(顧客満足)、ES(従業員満足)を絶対に求めてはいけない」という言葉がすごく印象に残りました。私の中では顧客満足は求めることが当たり前だと思っていたからです。求めてはいけない理由として顧客や従業員はわがままだからそれに付き合っていくことは不可能だから、もし求めても結局限界があり、どんどんありふれたものになっていくから。なので、満足を求めるのではなく、不満足を徹底的に解消する方法を考えることが、他との差別化になり、自社の強みになっていく。と言われていました。

 私は、組織図は大企業が作るもので、小企業には組織図は関係ないと思っていました。社長、従業員数名の会社の組織図を想像してみてください。下記のような組織図を想像した方は考え方が間違っています。このような組織図だと作る意味がありません。機能、システムをベースにした組織図を考えていく必要があります。

組織図


 約6時間のセミナーでしたが、もっと勉強する時間が欲しいと思い、早速、Amazonにて「はじめの一歩を踏み出そう-成功する人達の起業術」を頼みました。



正木眞喜男税理士事務所のホームページはこちらから

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ