タダで英語力をあげる方法(TOEIC対策)

前回TOEICのコツの話をしましたがコツやテクニックを身に着けても所詮、自分の実力以上の点は出ないですよね。

やはり英語力を上げていくしかありません。

みなさんは英語力を上げる方法としてなにを思い浮かべるでしょうか?

英会話教室ですか?英会話教室は大金を払わないといけないわりにあまり上達しないですよね。

私の周りにも何人かいますがまったくといっていいほど英語は上達していません。

費用対効果はかなり低いですね。

それならばまだインターネットを使った英会話教室を受講したほうがいいですよ。物価、時差や英語力の関係で先

生はフィリピンの人が多いですが、知り合いの人に聞いたところ1日50分毎日受けても月3000円ほどと

言っていました。

確かに安いですがそれでもお金がかかります。

できればタダがいいですよね。

じゃタダでどうするか。

これだけインターネットが発達した世の中世界中の人とネットでチャットや会話をすることは簡単にできますよね。

まずはSkypeに登録します。Skypeとはインターネットを使って世界中の人とタダでチャットや通話、ビデオ通話ができるソフトです。

今インターネットをされている方ならほとんどの人が持っていると思いますが。

次は外国の友達を探しましょう。

いろんなサイトがありますがまず一つはShared Talk ですね。

日本語も対応していますしすごく使いやすいサイトです。

あとはInterPals 

どちらも言語交換サイトというのですかね、お互いにお互いの言語を勉強するという感じですかね。

中には変な人もいますがそれは万国共通ですね。

どちらも同じなのですがリアルタイムにチャットなどができます。なので時差を考えないといけません。

日本は夜でもアメリカでは夜中だったり朝方だったりします。また日本はインターネットの環境が整っているので

大丈夫ですが相手の方の国によっては突然切れたりします。

イランの友達がいますがもともとインターネットのスピードは遅い上によく途切れます。

上記のことを考慮しながらこのようなサイトでチャットしながら気の合う外国の友達を探してください。

気の合う人が見つかったらSkypeのIDを交換して気軽にチャットなど会話などしてみてください。

チャットだと知らない単語も調べながらできるので始めはおすすめです。

ちょっとくらいの間違いなんか気にせずにどんどんチャットしてみてください。

慣れてきてビデオ通話などするとみるみる英語力は上がりますよ。

あと辞書は SPACE ALCがおすすめです。

例文とかすごい量があるのでとても重宝しますよ。

とにかく英語を大好きになってどんどん英語に触れる機会を作るだけで英語力は上がるので、

英語を好きになっていってください。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ
スポンサーサイト



『1000万円! 超BOSS電』当たると所得税はうれしくない?

今話題?の超ボス電 当たると所得税は大変なことになる?

今CMやコンビニなどのポスターで『1000万円超ボス電』というのをよく見かけます。

最初はなんのことだろう?と思っていたけど、単純に1000万円は欲しい!!とはなります。

宝くじは買わないし、懸賞にも応募はしないのですがこんな大金当たってみたいものですよね。

しかし宝くじなどの当選金は非課税なので所得税はかからないのでいいのですが、賞品や福引の賞金品は

一時所得として所得税がかかるのではないか!?と思われる方もいると思います。

しかもBOSSのホームページ「1000万円!超BOSS電!当たる」キャンペーンを見ても1年間限定と書いていますし

現金でもらえるならいいけど『1000万円超ボス電』のようにサービスや電子マネーでもらったら税金払えないのでは

と心配される方もおられると思います。

まず支払う方の税金はどうなるのでしょう?

賞金等を支払う際には源泉所得税を引いて支払うことになっています。

国税庁 広告宣伝のために支払う賞金等 を見てもらえればわかるのですが賞金等の額から50万円を引いた額に

10%を掛けた金額を源泉徴収すべきと書いてあります。

例えば1000万円の現金を賞金としてもらう時には95万円を引いた905万円しかもらえないことになるのです。

しかしこのBOSS電の場合がどうなるかはよくわからないのですが、もしかしたら源泉所得税を引いた後の金額が

1000万円なのかもしれません。

じゃこの『1000万円超ボス電』の場合はどうなるのでしょうか?

ボスのホームページには高級ホテルの宿泊やレストランでの食事、国内・海外旅行など総額約1,000万円相当の

サービスと書かれていてどのように受け取れるのかはっきりわからないのですが、商品券やギフト券は

その額面になり、その他は商品の見込み処分価額(通常の販売価額の60%)で評価することになっています。

国税庁 一時所得 を見てください。

『超ボス電』が商品券、ギフト券で合計1000万円分(源泉所得税徴収後)もらえると仮定しましょう。

またその年の課税される所得金額が200万円(少なめにしてみます)だったとします。

一時所得の課税対象金額の計算式は

(1年間の一時所得の合計金額-50万円-必要経費)÷2となっています。

必要経費を無視(というかこの場合ほとんど必要経費はないと思いますが)

さらに

国税庁HP所得税の税率 より

(1000万円-50万円-0円)÷2=475万円

この場合の所得税は(200万円+475万円)×20%-427,500円=922,500円

1000万円が当たらなかったときの所得税

200万円×10%-97,500円=102,500円と82万円も増えてしまうのです。

 現金でもらえると税金は払えますが、商品券などでもらってしまったら税金が払えない事態が発生してしまうの

です。

 こうなると1000万円当たったら税金を払うために金策に走らないといけないのです。

もし私がこの『1000万円超BOSS電』に当たったら人柱として報告いたします。他に当たった方がおられたら

ぜひご一報ください。



にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ